ベビーコラーゲンとは?

 

ベビーコラーゲン

 

スルスル天使で言うベビーコラーゲンとは、「V型コラーゲン」のことで、赤ちゃんのプルプルしたハリのある肌の源になります。ベビーコラーゲンは赤ちゃんの時期には肌に多く含まれているのですが、大人になるにつれて減少していきます。

 

そこで、スルスル天使に含まれている「卵殻膜粉末」の登場です!卵の殻を剥いた時に、薄くて白い皮がありますよね?あれが「卵殻膜」で、ベビーコラーゲンをサポートする力があると言われています。何もしなかったらベビーコラーゲンはどんどん減少してしまいますから、それに合わせて肌は老化していくばかりです。肌の老化を防ぐためには、「卵殻膜」のようなサポート力の高い食品を取り入れることがとても大切なのです。

 

中には、わざわざサプリで「卵殻膜」を服用しなくても、卵の白い皮を食べていたら効果があるのでは・・・?と思う人もいるかもしれません。残念ながら、卵の白い皮はそのまま食べただけではあまり効果がないことが分かっています。

 

元々「卵殻膜」は、卵の中にいるヒヨコがちゃんと育つように紫外線や菌から守ったり、栄養を与える役割があります。実際に卵の白い皮を見て頂ければ分かるかと思いますが、「卵殻膜」は水に溶けにくいため、いくらベビーコラーゲンのサポートをしてくれると言っても、そのまま食べただけではなかなか体に吸収されないのです。

 

そのため、スルスル天使は会社が独自の加工技術で「卵殻膜」を粉末化しています。そのまま卵の白い皮を食べるより、粉末の方が体への吸収が良くなるので、これはスルスル天使を服用するひとつのメリットではないでしょうか。