わらびはだ 使い方

わらびはだの効果的な使い方と注意点【1日何回どれくらい?】

わらびはだ 使い方

 

人気上昇中のオールインワンジェル『わらびはだ』

 

せっかく使うのならば、効果を最大限に発揮したいものです。そこで今回は、正しい使い方と使っていく上での様々な疑問点について解説します。

 

既に使っているのにあまり効果を感じていない人は、もしかすると間違った使い方をしていたからかもしれませんよ。

 

 

わらびはだの基本的な使い方

 

オールインワンなので洗顔後はわらびはだ1つでOKです。朝晩2回が推奨されています。

 

わらびはだ オールインワン

 

まずはメイクを落として洗顔をする

 

洗顔後は肌が乾燥しやすい状態です。洗顔が終わったらすぐにわらびはだをぬりましょう。
ちなみにメイク前であれば、化粧下地の代わりにもなります。

 

さくらんぼ大を1個分を目安にとる

 

ケチってちょっとしか使わないのはよくありません。もったいないという思いは捨ててたっぷり手に取りましょう。保湿力に物足りなさを感じている人は、そもそも使う量が少ないのかもしれません。

 

額・両頬・鼻・あご・首に少しずつつける

 

少しずつつけたわらびはだをこの後顔全体に広げていきます。

 

つけた場所から外側に向かって優しく包み込むように伸ばしてなじませる

 

摩擦は肌にとっては大敵です。ポイントは指先ではなく手のひら全体をつかって優しく広げていくこと。肌に与える摩擦はできるだけ最小限にとどめましょう。

 

 

大事なポイントをまとめました。必ず下記を守って使うようにしましょう。

 

  • 洗顔後時間を空けない
  • たっぷり使う
  • 肌に摩擦を与えないようにやさしく手のひらで広げる

 

 

効果を最大限発揮するためのオススメ使い方

 

わらびはだ 使い方

 

基本的な使い方は上記で紹介した通りです。以上を守っていればわらびはだを効果的に使えているはずです。ここからは、さらに効果的に使うための方法を紹介していきます。

 

1.気になる部分は重ね付けをする

 

目元や口元などの乾燥が気になりやすい部分には重ね付けをするのがオススメ。オールインワンジェルは保湿力に物足りなさを感じる人も多いです。一度わらびはだをぬり終わった後に、もう1度気になる部分にだけ重ね付けしてみましょう。

 

2.お風呂パックをする

 

お風呂パックとして使ってみるのもオススメです。

 

入浴中は湯気や水蒸気で毛穴が開き、肌が水分を多く含んだ状態です。そのため入浴中はわらびはだの成分がより浸透しやすい状態。そのタイミングでわらびはだを使いながら湯ぶねにつかるのもオススメな使い方の1つです。

 

 

使っていく上でのQ&A

 

わらびはだを使っていく上で気になる疑問点について解説します。

 

Q他のアイテムと併用してもいいの?

 

わらびはだはオールインワンジェルなので基本的には化粧水や乳液などを別で使う必要はありません。でも併用がだめなわけではありません。

 

乾燥が気になるときには化粧水で水分を足してあげたり、保湿力に不足を感じたときには乳液やクリームで保湿力を高めてあげましょう。

 

ちなみに、併用する際にはテクスチャの軽いものから(サラサラから順番に)使いましょう。化粧水→わらびはだ→乳液といった順番です。

 

 

Q使用期限はあるの?

 

公式サイトの情報によると、未開封で保管した場合は3年間もつようですが、1度開封した場合はなるべく早く使い切った方が良いようです。

 

また、開封の有無にかかわらず高温多湿や直射日光の当たる場所は避けて保管しましょう。色やにおいに変化を感じた場合には念のため使用を避けた方が無難です。

page top